2023.01.24

2月のお知らせ【心理的逆転が起こっている時】

今日は、【心理的逆転】についてちょっと書いてみたいと思います。

例えば、病気や怪我など、自分では早く改善させたいと一生懸命努力をしているのに、治療が効かず、なかなか治らない状況という体験はありませんか?
または、目標を立ててこうなる!と決めたはずなのに、真逆の状況を引き寄せてしまったなんて体験はありませんか?

そのような時、意識(顕在意識)では「治りたい」と思っているのに、潜在意識では「治りたくない」というような、脳の混乱状態が起きている可能性があります。
そのような脳の混乱状態を【心理的逆転】と言います。

これは私の実体験です(笑)
実は年末に2023年こそはこれを実現するぞ!と目標設定していたことがあるのですが、その目標とは真逆の現実を引き寄せてしまい、自分の中の本当に根深い信念体系が明らかになった体験をしました。
自分でもその信念体系を細かく分類して書き出して、自己調整していたのですが、流石にお手上げ状態になり、今日インテグレーテッドヒーリング(IH)のセッションを受けに行きました。
そこで【心理的逆転】だということが分かったのです。

心理的逆転とは、心理学博士のロジャー・キャラハン博士が作った言葉です。
博士は、TFT(思考場療法)というものを開発し、経絡をタッピングすることにより、トラウマなどの心理的問題を解消する方法を考え出しました。
TFTにより、高所恐怖症や不安などの症状が一瞬で回復するらしいのですが、今回の私の心理的逆転の裏にはさらにレイヤー状にブロックが重なっており、IHのプロトコル「サバイバルプログラム」の中で、心理的逆転の調整をしてもらいました。

そのように、TFTの調整だけでは改善しない方に共通して言えることは、脳内でスイッチングが起こっていたり、エネルギーブロックが起こっている場合があります。

そのような状況では、治療に対して否定的な行動をとったり、自分を非難したり、自己破壊的な行動をとってしまいます。例えば、意識では痩せたいと思っているのに、なぜか自暴自棄的に食べてしまうなどです。

心理的逆転が起こる理由の一つに「二次的利得プログラム」というものがあり、例えば、本人は表面上(顕在意識)では「早く病気を治したい」と思っているのに、潜在意識では「病気の状態であると、周りの人がとても優しくしてくれて、さらには自分の存在を認めてくれる」と、病気であることによる利得があるがために、このような意識状態に混乱が生じ、知らぬうちにこの混乱状態によって心理的逆転が起き、病気が改善しないという状況が続きます。

心理的逆転は、過去のトラウマが原因となり、それがこじれて起こることが多いため、心理的逆転の修正を行いつつ、IHのプロトコルでトラウマの解放を行うことが重要です。

私の場合、目標設定したことと真逆の出来事が引き寄せられたことで、心理的逆転に気づき、その奥に潜む信念体系を見つけ、IHのプロトコルで調整しましたが、過去世に体験した出来事が大きなトラウマとなって今世の状況を引き寄せていた経緯があり(かなり根深い)、引き続き、TFTのタッピングで自己調整していく予定です。

2023年は大きな変容の年と言われていますが、まさに、変容前に深い部分にあった過去世のトラウマが現実化してまで現れてくれたんだなぁ、教えてくれたんだなぁと、ある意味感謝な出来事でした。

 

【心理的逆転の修正】
自分ももしかしたら、という方がいらっしゃいましたら、心理的逆転の修正方法をのせてみますので、よかったらお試しください。

以下の文章を言いながら手の側面にある心理的逆転スポットを15回タッピングしてください。

「私は(                       )自分自身を深く愛し、受け入れ、大切にします。」

(  )の部分は例えば、「人混みを恐れようと、怒りを感じようと、落ち込もうと、不安を覚えようと」など恐怖症や怒りなどの正確な性質を入れてください。

 

インテグレイテッドヒーリング/フィボナッチヒーリング、ただ今、2月のご予約を受付中です!

 
(2月のスタジオ空き状況)
2/1(水)×
2/5(日)×
2/13(月)
2/14(火)
2/16(木)×
2/17(金)
2/18(土)
2/19(日)
2/20(月)
2/23(木)
2/24(金)

 
現時点でのスタジオの空き状況ですが、変動する可能性がありますので、随時確認させていただきます。
ご希望の方は、第3希望(例:2/13 15時以降、2/16 10時から)をメールにてお知らせください。

どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

再会と新しい出会いを楽しみにしています♪
info@revivedialogue.com
photo blogもどうぞ!